作業メモ: Mastodonで tootctl media remove をやった

リモートインスタンスからのメディア(画像と動画)を削除してくれる tootctl media remove が結構前から実装されてたので実行してみた。

デフォルトでは7日以上経過したメディアファイルを削除してくれるらしい。

docker-compose で運用しているので、こんな感じで実行。

$ time /opt/bin/docker-compose -f /home/core/docker/mastodon/docker-compose.yml run --rm web bin/tootctl media remove
.......................................................................
(snip)
..........................................................................................
Removed 189791 media attachments (approx. 59.6 GB)

real    3474m46.821s
user    0m23.500s
sys     0m16.693s

溜まりに溜まったメディアファイルの削除操作なので、およそ58時間もかかった。実は最初、そんなにかかると思ってなかったので、一度中止してからscreen張ってやり直した。

だんだんメモリ食うもんだからswapがゴリゴリ発生してて、システム全体がもっさり。終わり際には tootctlが500MB超ほど使用してた模様。良い子のみんなはcronとか設定して、自動的にこまめにやりましょうね。

Attached: 1 image tootctl media remove が進行してるので、徐々に減りつつある。
Attached: 1 image 今見たら tootctl media remove が終わってた。

ConoHaオブジェクトストレージの管理画面で容量が見られるので眺めてた。

80GBあったメディアファイルが6GBになった。このサイズならConoHaオブジェクトストレージをやめてもいいかなあと思ったので、今度移行してみようと思う。