AWS EC2でリザーブドインスタンスを買ってみた

AWSのリザーブドインスタンス(RI)とは

ざっくり言うと、AWSのサービスを1年分とか3年分の長期契約すると安くなります、というやつですね。

AWSでしばらくお世話になりそうなので、まずはEC2インスタンスを買ってみようと思います。

AWS EC2 リザーブドインスタンス(RI)の料金

AWS EC2 の料金 を見ると、最大75%割引になるとのことです。すごいですね。まあ「最大n%引き」という表現がある場合、だいたい最大割引になる条件が厳しすぎワロタってなりますけど。

リザーブドインスタンスの中でも種類があるようなので、確認していきます。

スタンダード(standard)とコンバーチブル(convertible)

  • スタンダード: インスタンスファミリーを変更できない、インスタンスサイズの変更はできる
  • コンバーチブル: インスタンスファミリーを変更できる、スタンダードよりちょっと高い

今回、購入するインスタンスは t3.nano にします。今、このブログを動かしています。インスタンスサイズの変更はスタンダードRIでも可能とのことなので、途中でスペックが足りなくなったら t3.small やそれ以上のインスタンスに変更できます。

一方、インスタンスファミリーを変更したくなることはおそらくないので、コンバーチブルは必要ないと判断しました。

1年と3年

1年と3年があります。当然、3年の方が時間あたりの料金は安くなります。

今回は1年を選択することにしました。T3インスタンスファミリーは先日発表されたばかりなので、3年にしてもいいような気もしますが、そんなに料金の差が大きいわけでもないのでまずは1年で。

前払いなし、一部前払い、全額前払い

前払いすると安くなります。今回は前払いなし(月払い)にします。

t3.nano Standard 1年 前払いなし にしました

t3.nano Standard 1年 前払いなし を東京リージョンで買うとすると、現在だと32%引きになります。

AWS EC2 リザーブドインスタンス(RI)を買う

こんな画面でポチります。かんたん。なんか、買ったRIを売ることもできるのね。知らなかった…



適用されているか確認する

特にインスタンスに「適用する」とか「割り当てる」みたいな操作はありません。EC2インスタンスを起動している時に、適用可能な購入済みリザーブドインスタンスがあれば勝手に割引が適用される、というような仕組みのようです。逆に言うと、ちゃんと適用可能な(一致している)インスタンスとリザーブドインスタンスでないと割引が適用されません。オイオイオイ、死ぬわアイツ。

EC2 Management Console → レポート → EC2 リザーブドインスタンス使用率レポート で確認できます。(コストエクスプローラが起動する)


なるほど、わからん。(しばらく待ってからまた後日更新します)